リフォームが始まる!

  • 2016.09.08 Thursday
  • 10:56

 

 

8月下旬から家のリフォームが始まりました。

 

終了するまで4か月。

 

父が昨年の12月に亡くなり四十九日が終わったころから本格的に遺品整理を始めました。

 

戦前戦後の物のない時代を生きてきた両親の持ち物は膨大でした。

 

母は足の衰えが酷くなり、杖やシルバーカーに頼っての歩行なので、母自身が押し入れやタンスに溜めこんだものを処分することは難しく、ほとんどの物を聞きながら処分しました。

それにどれが必要でどれが不要なのかの判断力も鈍っていて、段々面倒になり「アンタに任せるわ」と全て丸投げ状態でした。

 

両親が元気な頃から要らない物は捨ててねと何度も言い続けてきましたが、「いつか使うから、まだ使えるから、捨てるのは勿体ない、わしらが死んだら捨ててくれ」

そんな返事が返ってきました。

 

今になって、子供である私が時間を裂いて、労力を使い、不要な物を捨てています。

この暑い中、なんて無駄な時間を過ごしているんだろう・・・時に怒りを覚えました。

 

しかし私も同じ立場であることに気が付きました。

 

私が今持っている「いつか使うかも、そのうち出番が来るかも、思い出の大事な品だから・・」

これが自分の子供にとって負の遺産にしかならないことを痛感しました。母と同じ事を考えていたんですね。

このまま溜めこんでいたら子供達の負担にしかならないでしょう。

今がチャンスととらえ、自分の物も断捨離して、最低限の必要な物で暮らしていかなくてはならないと感じ始めています。

 

 

家のリフォームに当たりいろいろ考えました。

一旦引っ越しをしてリフォームしたいと思いましたが、足の悪い母と、ビビりん坊のデカい室内犬が住める借家がありませんでした。

母はすでに家の階段も登れないし、病院と週2回のデイサービスに出かける為に玄関からのアプローチに手すりを付けてそれにつかまりながらようやく上り下りが出来ます。

古い家の中は段差だらけで、簡易的な段差解消を数年前にしたのですが、風呂のまたぎが出来なくなりました。

風呂の椅子も介護用の物を使っています。

リフォームして全室バリアフリーにし、風呂の段差もなくし、手すりを沢山付けることにしました。

 

そして父が亡くなってからは今まで出来ていた家事もしなくなりました。

 

料理は私がするので良いのですが、頭の体操にと思って冷蔵庫の中にある食材を書きだして紙に書き「これで献立考えてみてよ」と軽い気持ちで言ったら、パニックになって過呼吸を起こしてしまいました。

 

日中はほとんどリクライニングチェアに座ってうたたねしているだけになりました。

 

私も断捨離で忙しく、リフォームが決まるまで母を見る余裕も無く、自分が全部やったほうが早いのもあったし、何もさせずにいたのが却って悪かったかなと思いました。

 

今は自分の洗濯物は自分で干す事と、毎朝決まった時間に起きるようにしてもらってます。

時々タオルを畳むのもやってもらいます。

 

どんどん怠けて行くのが解るんです。めんどくさいからやらないとか、例えばお茶や牛乳をこぼしてもほっとけば拭いてくれるとか・・・そういう怠けが出てきているので、注意しながら修正していこうと思います。

 

あんなに人に厳しかった人が自分には甘々なんですよね。歳を取るって残酷だなと思います。

 

 

さて我が家のビビりん坊は、毎日家に来る大工さん電気屋さん、現場監督、解体やさんなどの男性陣に恐れおののいています。

 

釘打ちの音がこわくて飛び上がります(プシュって音)

 

そんなわけで自分で自分の足をカジカジして流血してしまいました。

後ろ足の指の間がジクジクなんです。

 

病院へ連れて行って飲み薬と塗り薬を貰ってきました。

 

そして元々あった足のオデキもカミカミしてしまったので大きくなってしまい、手術で切除することになりました。。。。。

 

もうシュウちゃんったらおバカさん!!! 

 

リフォームの都合で10月下旬の手術予約ですが、しばらくカユカユで通います。

 

 

 

 

 

 

ビビりんぼは物置となった仏間でお昼寝してます。

 

今から凄い雨になりそうです。雷もゴロゴロ聞こえてきます。

 

シュウちゃんには恐い日になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
いろいろお疲れ様です。1人で片付けって大変ですもの。。。
くれぐれも無理なさらないで下さいね。
シュウくんかわいそうに……カユカユつらいですもの(涙)
見てる方もつらいし。
うちも屋根・壁のリフォームしたときしばらく特別警戒でしたが
工事に来てくれた方がワン友さんだったんで終盤は遊んでほしくてそわそわしてました^^;
  • ちはや
  • 2016/09/08 4:08 PM
「ちはやさんへ」
一人っ子の宿命ですよね。親の物は全て一人でやらなくてはなりません。
今回のリフォームは自分の老後をシュミレーションしているようでした。
シュウちゃんは毎日ビクビクしながら生活してます。一人で家の中にいるのがこわいので、出かける時は車に乗せて行ってます。
というか、私がほとんど家から出られません。。。買い物も家族が帰って来てから夜に行ったり、ずっと私から離れません。
まだ先は長いのにどうしたらいいんでしょうね〜。
  • シュウクリーム
  • 2016/09/08 11:19 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

365 CALENDAR.net

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM