今だから書きたいこと。

  • 2012.11.17 Saturday
  • 21:33
 


しばらく更新があいちゃいました^^;


つづくーーーって大げさに書いたくせに続けてないかーちゃんです。


最近の寒さに、体が悲鳴をあげております。


寒くなると咳がでやすくて、しかも止まりにくい! 息苦しいです!!


一昨年の夏から、ずーーっと喘息予防の吸入薬を使ってますが、あかん日もあります。


こればっかりは付き合っていくしかしょうがないんだけど・・・


仕事も辞めて収入減なのに、医療費はうなぎのぼり中です。


喘息の予防薬を毎月貰いに行ってるし、膝が痛いので整形も通ってるし・・・


更年期障害も出始めて、漢方薬飲んでるし。。。。


今は歯医者も通ってます・・・・


ここにきて、自分の収入が無いのが痛いですが・・・。


でも前の職場をやめたこと、後悔はしてません。


やめるきっかけになったのは、春の乳がん検診で引っかかった事でした。


このことをやっと書けるようになったというか、先日の検査結果で気持ちが落ち着いたというか、春はほんとに真っ青でお先真っ暗な私でした。


毎年、エコーと触診とマンモグラフィの検査をしてるんだけど、この春の検診で先生に


「見た目が悪い塊があります。それに浸潤してます。これは90%乳がんです!」


と、その場でとんでもない結果を宣告されて、それから10日後にマンモトーム生検を受けました。


マンモトーム生検とは、癌らしき物体に 直接針を刺して中身を吸引して、癌か否かを検査するんです。


検査の日は長女が一緒に行ってくれました。


検査中も先生から「80%乳がんだと思います」とダメだしまでされ、「結果はご家族の方と来てください」と言われ・・・・


結果が出るまでまた10日ありましたが、ごはんが食べられず、痩せました。


10日間で部屋を片付けて、身辺整理までしちゃいました。


シュウちゃんのことが心配で、入院手術になったらせめて2週間分のオジヤを作って冷凍しなくちゃ・・・とか リンパ節に転移してたらいやだなとか・・・


ネットでいろいろ調べましたが、調べれば調べるほど自分はガンだと思えてきました。


なによりも先生の「90%ガンです」の言葉が頭を離れなくて、残りの10%に入ることなんて考えもしませんでした。


病気と戦うのなら、せいいっぱい戦えるように準備をしなくてはと!!


戦うなら万全で行かなくちゃと!! 今まで無理してきたことをやめようと思いました。


私は、自分の仕事が好きでした。辞めた今も好きです。天職だと思ってました。 


でも、職場の環境がものすごくいやでした。 特に上下関係が過去最悪で、我慢してやってきたけど、ガンかもしれない現実を抱えてこの職場で頑張っていく気持ちは全くありませんでした。


マンモトーム生検をした直後に、「病気治療に専念したいのでやめます」と上司に宣言したわけです。








10日後にとうちゃんと一緒に聞きに行った結果はなんと「シロ」でした。 がんではなかったんです。


ほっとしたというか、気が抜けたというか。。。。。。


でも手放しで安心というわけではなく、先生の経験上、見た目の悪い塊はいずれ癌化していく場合が多いので、経過観察が重要で、半年ごとの検診を必ず受けることが条件となりました。


先日、半年後の検査に行ってきましたが、エコー検査のみでした。触診もマンモグラフィもしませんでした。


先生の話はエコー検査で塊の大きさに変化がなく、成長が見られないので、経過観察で良いとのことでした。


セカンドオピニオンを受けるかどうか悩みましたが、今の先生とは10年近いお付き合いで、毎年検診に行っていたので、間違いはないと思ってます。










マンモトーム生検を初めて受けたのですが、これが結構怖かった・・・・。


おっぱいに針を刺して怪しい塊の中身を取ってくる検査なんです。


ベットに寝て、腕を上げたまま30分くらい静止しなくてはいけないんですが、怖くて腕がカクカクと震えてしまい、付き添ってくれた看護師さんに腕を押さえてもらいました。


先生がおっぱいに麻酔をして、エコーで塊を見ながら針を刺し、塊の中の組織を吸い取ってくるんです。確実に針を刺して中身を取らないといけないので先生も真剣です。


この検査は怪しい部分の組織がたくさん取れるので乳がん検査には欠かせないものになっています。

検査の後は、針を刺した傷が5mmほどですが、中まで針を入れたので先生が両手でギュッと押さえて止血をしてくれます。


10分だったか15分だったか、先生がいろいろ話をしてくれました。


まず乳がんは60種類以上あること。 


ひとりひとり症状も、癌のタイプも違うので個々に合わせた治療が必要であること。


検診は「安心」をする場ではなく「病気」を見つける場所ですから毎年必ず行うこと。


最後に乳がんは治る病気ですからね、と言われました。


そんなこんなで、今回の検診もガンではないようなので、ちょっと安心。


また半年後に先生とお会いする予定です。


仕事はそのまま辞めてしまいましたが、精神的にとっても楽になりました。


身体はあちこち悪くなってきて、それはそれでへこんだりするけど、あの職場であの環境で働いてたらもっとどこかが悪くなっていたと思います。



書きたかったこと、やっと書きました。





シュウちゃんとタローちゃん。


先に種明かししちゃうけど、仲良しになりました。



















写真、いっぱいあるので続きを載せていきまーす。



コメント返し、遅れてすいません。


早めに休みます。


みなさんも風邪に注意してください。


それから、乳がん検診をぜひ受けてくださいね。























コメント
今は色々な病気でとっても大変ですね!
喘息は辛いですよね〜

辛い事を書いてくださって有難う
前の仕事の事は続けていたら本当にダメになってしまうので
止めて良かったとかざふも思っています
収入が減って大変だけど何とか頑張れるだけ頑張ってくださいね
家族みんながついてくれてますよ
ファイトです!
  • かざふ
  • 2012/11/18 6:12 PM
結果的には仕事を辞める必要はなかったわけだけど、いいきっかけになって良かったのかもしれませんね^^
ストレスがガンを作ることもあるらしいから、あまり無理をしていたら本物のガンになっちゃうかもしれないものね
わたしは5年ぐらい前に1度だけ子宮がん検診をうけたことがあるだけで、それ以外は健康診断すら受けてないんだけど、病気と闘うのは疲れるばかりなので、今度大病したらもうなるようになれ、と思っています
もちろん、いざそうなったら後悔するかもしれないけど^^;
さやかの寿命分だけ生きられたらいいかな…子供がいないとその点は未練がなくて楽ですね 子供の結婚や孫の誕生などの楽しみはなくて淋しいけどね^^;
シュウクリームさんはシュウ君だけではなく、これからまだまだいっぱいの楽しい未来が待っているのだから十分健康に気をつけなくてはダメですよ^^
お金なんてなけりゃないで、どうにかなるものです(わたしが言うんだからまちがいない^^;) ストレスのない生活が1番!
お互い、加齢のせいであちこちガタが来はじめてるけど、華麗に乗り越えて行きましょうね^^
  • Akiki
  • 2012/11/18 10:02 PM
マンモトーム生検レポ↑恐すぎる・・・
自分が震える手を押えてもらったら
叫びだして暴れてしまいそう〜〜

けど決して人事ではないのよね。
お会いした時とかはもう少しだけ吹っ切れた後だったのかな
全然そういう翳りも感じられず気丈なシュークリームさんに
そんな恐怖があったなんて気ずかずにゴメンナサイね。
とりあえずガンではなくて一安心
手放しに喜んではいられない
健診のたびの不安もあるけど
自分のため、家族のため自分の身体と向き合うしかないんですよね。
身体と心に無理のかかるお仕事というか人間関係というか
は断ち切って正解だったと思います。
これから寒くなると
膝も気管も辛い季節が来るけど頑張ろうね。



  • らんぷーまま
  • 2012/11/19 10:18 AM
そんな大変な事があったんですね。
でも癌でなくてよかった。
仕事も辞めなくてもよかったのかもしれませんが、やめたからこその、今のゆとりとストレスフリーの生活なのかもしれませんね。
私も健診とは全くの無縁・・・
もう決して若い部類には入らないので考えんといかんなぁと思っていますが・・^^;
シュウクリームさん、これからますます寒い季節ですから無理をせずに過ごしてくださいね。
  • しばもも
  • 2012/11/19 2:25 PM
不安で辛い思いをしていたんですね。
私も ポリープの切除をするまではとっても不安でしたから
シュウクリームさんの気持ちが痛いほどわかります。
とりあえず最悪ではなかったことにホッとしました^^
歳を重ねると いろいろ身体にも変調が見られます
普段元気だからと過信せず 検診は受けておきたいですね。
寒さに向かい お身体充分に気をつけて下さいね。

  • yuri
  • 2012/11/19 5:18 PM
シュウクリームさん、シュウ君こんばんわ。
シュウクリームさん、このブログでお話する勇気にまず感動しました。
大変な所を通らされていたなんて、、、、、
、、、他人ごとの事に聞こえるかもしれませんが、その辛い経験をされた時にしか、味わえない、思いや行動、見える物、って貴重だったと思います。
何故って思うより、受け入れて向き合う生き方、出来たらいいな〜と私も思っています。
(頼りないけど、はれるやさんもシュウクリームさんの事心配してますよ。)
では、またブログへお邪魔します。
シュウ君、タロちゃんと仲良くできて、さすが、お兄ちゃんですね。
検査結果、なんでもなくてよかったですね。。。
結果が出るまで気が気じゃないもの。
だけど、検査がこんなに大変だなんて。
仕事も人間関係がやっぱり大事よね、いやいやながらするのもストレスばかりたまっていくし。
これから、年を取るにつれて色々と身体がガタガタ来るだろうから、今のうちにゆっくりと体を休めておきましょうよ!!
  • しゅうやん
  • 2012/11/23 12:28 AM



「かざふさんへ」
気温が下がってくるのがダメですねー。気圧はもっとダメかもしれません。
薬を使うようになってから、発作は起こしにくくなってます。常用していくのが一番ベストでいられるので、使っていくしかないです。発作よりも何百倍も楽ですから^^
仕事は辞めて良かったんですよね。辞めた罪悪感をまだ背負ってることがまだあります。 次を探すか否かと思うんですが、なかなか体の方が動きません。
励ましのお言葉、感謝しています。ありがとうございます。



「Akikiさんへ」
そうなのよ、結果的に辞めることはなかったんじゃないかって思う時がある。もうちょっと我慢できたんじゃないかなって。。。他のパートをそろそろ探すべきじゃないのかなと思ったり。。。でもいまさら新しいことを覚えられないし。。。とかね^^;
乙女心は複雑なのよー。
子供がいてもいなくても、関係ないと思ってるよ。自分の人生は自分のものだし、子供の人生も子供のものだから、同じ人生は歩めないものね。子供が結婚しても孫ができたとしても、それは子供の家族だから、最後は子供に搾り取られてカスカスな私と旦那が残るのよ。私もシュウちゃんととうちゃんと生きていければ幸せだと思ってるよ。
子供はいずれ巣立っていくものだと思ってます。



「らんぷーままさんへ」
せっかく会った東京でこんな話は暗いものね^^:
聞きたくないよね。優しいママさん、そこまで心配してくれてホントに感謝です。
マンモトーム検査、実は怖くてその場で泣けてきちゃった。看護師さんも先生もすごく優しくて「大丈夫大丈夫、もう少し」って声をかけてくれてたから安心できたよ。
ほんとに他人事ではないのよね、19人に一人乳がんになるって言われてるのよ。どんなに高い比率なんだろうって恐ろしくなっちゃうよね。

>自分のため、家族のため自分の身体と向き合うしかないんですよね。

ママさんの言うとおりだと思うの。向き合っていかないとね、そこから逃げるのは一番卑怯だと思うのよ。人は恐怖から逃げたくなるけどね。でも逃げたって恐怖も病気も追いかけてくるから、そこでせいいっぱい戦った方が自分も納得できるかなと思うの。




 



  • シュウクリーム
  • 2012/11/27 11:38 PM



「しばももさんへ」
そうですね、ストレスフリーな生活、一番いいですよね。
とはいうものの、やめたらやめたで、いろいろなことが沸き起こってきますね。
でもまあ今は好きなことをやれる時間が取れるってのはいいです^^ 心が落ち着きますね^^
ぼーーっとしたり、本読んだり、ドラマも見るようになってきました。
しばももさん、一度勇気を出して検診にいかれてはいかがでしょうか? 
30代の方でもたくさん検診にいらっしゃってましたよ。
私も無理せずがんばります、ありがとう。




「yuriさんへ」
お互い何事もなく、安心しましたね。
私もyuriさんの検査のブログを読んだとき、お気持ちが痛いほど伝わりました。
検査に行くまでも落ち着かないし、それから結果がでるまではカウントダウンの毎日で神経が休まる時がありませんでしたよね。
検診の大切さ、身に染みましたよね。
いやだろうがなんだろうが、毎年受け続けて行きましょう。



「はれるやさんさま」
こんばんは。私に勇気があるなんて思えないです。当時はものすごいパニックで、みっともなくて、自暴自棄で、人に当たって、どうしようもなかったです。「なんで自分だけこんなことになるんだろう」「なんで私がガンって言われなきゃいけないの」ドロドロな思いでいっぱいでした、告知される恐怖に追われ続けていました。
でも、どうせ病気と言われるなら、せめてその告知の日まで明るく過ごせないかと思いました。難しくてうまくできなかったと思いますが、同じ病気ならくよくよ考えたって仕方ない、、、やっぱり今を楽しく生きてた方がよっぽどいいんじゃないかと思っていました。
結果はシロでしたから、万々歳でしたが、やっぱりその時から考え方が変わったと思います。
毎日、楽しく生きてなくちゃ意味がないんですよね。なので、今までやれなかったことを、いつか次にできるからと諦めないで、思い立った時にやってしまおうと考えるようになってきました。
心配してくださってありがとう。








  • シュウクリーム
  • 2012/11/28 12:09 AM



「しゅうやんさんへ」
おかげさまで、今回も大丈夫みたいです。
検査から結果まで待つのが嫌よねー、その間に余計なことを考えてしまう。 あれってなぜか良い結果に思えないのよね。悪いほうへと傾いてしまいます。
仕事を急に辞めたのと、自分の中で決めていた頑張る期限を破ってしまったことが、罪悪感になってるのかと思う。でもあの職場はやっぱり無理だっだのよね。合わなさすぎて、めげたもん。
ホントにあちこち痛むのよね。足も腰も肩もね^^


  • シュウクリーム
  • 2012/11/28 12:19 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

365 CALENDAR.net

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM